アイデンティティ、きみ。

いろんなことが起きている

彼は神か悪魔か。SAMAELネタバレ考

サステナクリエーションファミリー『サマエル
2018年6月9日〜6月17日(全15ステージ)@キンケロシアター
https://www.sustainer-samael.com

 

 

 

少し応援させていただいている役者さんがご出演されていたので観に行ったのですが、とんでもないものを見てしまいました。稽古ツイ追っている間は「この狭さなに…キンケロシアターってこんなに狭いっけ…」とか「歌とダンスと怒涛の会話劇とか…え…」って思っててごめんなさい。生音楽にダンスに会話劇とかまとまるかよ大丈夫かよって思ってた金曜日の私、それは杞憂だから安心して。あんまりにも楽しくなっちゃった。

 

続きを読む

「99才まで生きたあかんぼう」のこと

本命氏2年ぶりのストプレに行ってきました

99sai-akanbou.jp

 

約1ヶ月前まで日比谷の実家ことシアタークリエでTENTH通いをしていたわけですが、ただのミューオタでした。

特に3週目のガラコンでは、2015-2017family信者大満足の日々で、でもTENTHには出演されてないご贔屓ファミリーもいたのですごく寂しい気持ちもありました。2012familyの田中ロウマさん×米倉利紀さんのエンジェルとコリンズは演出が変わる前だったので詞の違いにまずびっくり。

 

私の部屋で暮らしましょう RENTは要らない 代わりにキスを

いつでも I'll cover you 

 

これが耳に馴染んでる東宝ICYの歌詞なのですが、2012版になると下記の変化があります。

 

一緒にふたり暮らしていこう RENTは要らない 代わりにキスを

 

結構これ雰囲気変わるんですよね。2015以降の「私の部屋で暮らしましょう」は、そのあとの「あなたはキング私のお城の」への伏線だと考えているのですが、2012版は「あなたがキング 私のお城の」になってました。細かい話でした。「は」が「が」になると、ちょっとエンジェルのが強く見えますね。決定権はエンジェルにあるように見えます。だけど平間エンジェルの方がコリンズを尻に敷いてるイメージがある。笑

 

そして、このロウマ米倉組は笑いのツボが一緒に見える。その空気感の可愛らしさは歴代1位。T4Uでノリノリのコリンズまでは見たことあるのですが、一緒に踊りだすコリンズは初めて見ました。すっごく素敵なカップルでした。エンジェルとコリンズは幸せになってください。お願いしますリプライズとか…要らないんで…大丈夫なんで…

他の見所としては、15エンジェルコリンズ復活回も挙げられると思います。平間さんと加藤さんは「人生最初にして最大の恋愛エンジェルコリンズ組」と勝手に呼んでいます。コリンズには初恋系と最後系がある学派に属しているので、初恋系コリンズの代表格である加藤さんが復活したことに胸が高まりました。平間さんの声はしんどそうでしたが、二人が並んでICYを歌ってる姿を見れるだけでもう、ありがとうございます…。復活つながりでspiさんのベニーが復活してたのも泣きました。結局今でもどうしょうもないspiベニー信者です。ありがとう。喜んでレンジローバーからケツどけます。ICY終わるとYou'll see?が来ると思って来ない。バカほど希望を捨てないオタクなので毎日終演後友達に「明日はspiベニーのYou'll see?があるかもしれないから頑張って観てくるね!」とラインしていました。気が狂ってる。

 

ど頭SOLでは、舞台上にいるファミリーよりもいないファミリーのことを考えていました。あの場にはいなかったけど大好きな役者さんがまだまだいます。15も17もみんな来てほしかった。ずらっと並んでるのを見たかった。Wベニーも、トリプルエンジェル・コリンズも、実現したら最高なのに。17でちゃんと輪郭をはっきりさせ、そこに存在することができたマークがあんなにもがいた15のファミリーと並んでるのは泣けました。

 

彼は、ちゃんと、良く、舞台上で生きている。

 

そして、中川晃教さん、石丸幹二さんと繋いできたコンマスのポジションに居る本命さん。死ぬなら今がいい…ファミリー自由すぎてほぼ仕事してないけど…

「みんな言いたいことは言いましたか!?僕達喋るのここだけなんでね!!!!」

楽日のカテコ以外でMCしてたのこれぐらいだった気がします。

 

余談ですがその時期にメンタルが程よく狂っていたので、来る日も来る日もZANNAの「君にわかる」で大号泣。Zanna,Don't!ちゃんと見たいから再演してほしい。

youtu.be

 

そんなただのミューオタ月間も無事に終わり。

2年ぶりにストプレ現場に帰ってまいりました。

前置きが異常に長くなってしまった…。 

 

「99才まで生きたあかんぼう」

 0才から99才までの男の生涯をたった6人の俳優で演じきるというところが開幕前から話題だったらしい。確かに、すごいかもしれない、6人しか舞台上にはいない。2段になっている部隊の上手下手にはゴングが置かれ、頭上にはデジタル表記の「99」。この数字は主人公の年齢を示しているものでした。

 

前アナで「この舞台はコメディです」と辻さんに言われるのだけど、コメディというにはあまりにも温かい。笑い飛ばすよりもほっこりのが強かったです。笑

この物語の中に、スーパーマンは登場しません。ドラマチックな出会いも、胸を突くような逆転劇もなくて。ただ山あり谷ありの人生という道を諦めずに歩いていく、一人の男性の話でしかないのです。故に、メッセージもシンプルでした。

 

  

99才まで生きたあかんぼうを観て、改めて本命さんは美しい役者さんだと感じた。

役者さんの応援をしているのには色々な理由があると思う。歌やダンスが上手かったり、顔が好みだったり、いつも優しかったり。100人オタクがいたら100通りの理由があって、そういうもんでオタクは生きてる。

 

その中で私が本命さんを応援してる理由は「分からないから」です。カメレオン俳優で、空気ごとガラッと変わる本命さんの「本体」が分からない。分からなかった。だからずっとずっと見つめることができていた。分かりたくて、ずっと追いかけていました。それなのに、99才まで〜を観たとき、分からないはずの本命さんの「本体」に重ねて、物語のあかんぼうを見つめている。

あかんぼうは、成功もするし、失敗もして。時には人を馬鹿にしたり、周りの人を傷つけたりもする。逃げることだってある。でも、都度都度反省したり、他者とぶつかったり、許されたり、そういう繰り返しで彼の人生は展開する。

 

彼の人生から、「人生は同じ出来事の連続である」ことが見えてきます。

 

母から生まれる。

あかんぼうも父になる。

あかんぼうは愛され育ち、同じように娘や息子、孫を愛す。

あかんぼうの母が逝き、最愛の妻も逝ってしまう。

その度立ち上がれないほど嘆き悲しみ、途方に暮れる。

誰かが生まれて、誰かが死ぬことの繰り返し。

 

けれど、あかんぼうの反応は少しずつ変わっていく。歳を重ねる中で他者の死に対し、共に在ることを見つけて。母や師匠から教わったことを、弟子や子供達に教えて。無意識のうちに思考が繋がっていく。

 

「人間は二回死ぬ。1度目は肉体が死んだ時、2回目は人々の記憶から消えた時だ。」

あかんぼうの母も妻も弟子も亡くなってしまったけれど、あかんぼうは繋ぐことで彼らを生かしている。そうやって人は生きているのかもしれない。

 

本命さんの「本体」のことを、わたしは何も知りません。穴が開くほどインタビューを読んだって、blogやVBを見たって、一生分からない。でも、笑顔が苦手という彼に与えられた「素晴らしい笑顔で危機を乗り越える」という役が、「料理で世界中を幸せにしたい」という役の野心が、ふっと本命さんそのものとつながる瞬間がありました。普段はそんなこと考えないのに、重なってしまったものは仕方ない。  

 

「そして最後は、スマイルだ!」が似合う本命さん、なによりも嬉しかったです。本命さんの笑顔が大好き。

 

老年期の演技が素晴らしい。特に60歳から99歳までの細やかな演じ分け。本命さんすげえ!

歩きにくさは子供も同じなんだけれど、子供の場合は頭が重くて転ぶんですよね。でも、老年期が転ぶのは脚が上手く上げられない、関節が動きにくい、とか、そういう方に原因があって。徐々に歩行の可動域が狭くなっていく本命さんのお芝居に感嘆。足の裏の使い方が刻々と変わっている気がした。あとは、80歳から99歳に向かう口元。おじいちゃんって口元ゆるいんだよね…わかる…みたことある…

固有の人物じゃないからこそ、そういう細やかな特徴を押さえて魅せてくれる。素敵だ。

 

 

老いてもなお、美しく見えるのは、きっとあかんぼうは良く生きてきたから。

 

自分の年齢までは、重ねて観ていて。年齢を越えたらきっと未来を想像するようになる。大切なことはシンプルで、目の前に生涯在り続ける。

 

 

あかんぼうのように不器用でもいいから、春からも生きていこう。

 

 

 

大阪も楽しみです!笑

推しプレイリスト(2人分ないまぜ)

 

 推し増ししたり色々あったのですがとりあえずここから。

2人分の話がないまぜになっていますご了承ください。

 

①無修正ロマンティック〜延長戦〜 / 大森靖子

 

仕方なく吊り革に ぶら下がっていたら

中央線沿いのマンション群 ヨガ教室の窓から

君がこっちを向いて 笑った気がしたんだ

そういえば君のことが前から好きだった

 

推しさんにグラグラしてる時観た舞台の世界観ととても相性がいい曲です。

舞台とても面白かった…下北沢B1までビクビクしながら行った甲斐はあった…またやってほしいです。下北沢B1は変わった形の劇場なので他の角度でも見たかったなぁと今更思います。それ以来この曲はその舞台のイメソンになり、最終的に推しさんの曲として染み付いてしまいました。 

 

 

②愛してる.com / 大森靖子

 推し増ししはじめた時にリピートして聞いてた曲。

youtu.be

祝『トカレフ』発売!ガチ恋ソング的大森靖子「愛してる.com」レビュー - Contrex's diary

 

マジでこれ。舞台俳優は会いに行けるアイドルではないのに、ものすごく共感してしまう自分に自己嫌悪が止まらなくて苦しかったあの頃。舞台出演の頻度が高いこと比例して私のガチ恋に近い何かは急激に加速しました。どんなに楽しい現場でも行っては泣き、しんどい、苦しい、もう無理だから出会ってしまう前に戻してくれなどと内心発狂する日々は病気でした。今はだいぶ落ち着いたよ。

すっごい苦しい時も多いんですけど、買ったチケットがもったいないので降りません。

 

あの店なら会えるけれど そうじゃない街角で偶然会いたい

 

公演時にチケ買って劇場に行けば板の上で輝いてる推しさんに会える。心配になるようなSNSの中にもあの人はいるし、稽古場だって調べればきっとわかるんだけど、それでも、私が生活してる中でどこかの曲がり角を曲がったらそこでたまたま出会いたい。そういうことを考えていたら生活するのが辛くなったのでやめました。

 

darling darling 初めてを全部あげるよ

calling calling  わかるまで愛してるよ 絶対

 

初めてを全部あげたいけど、俳優おたくに浸かりすぎたの私の「初めて」なんてもうほとんど残っていないのかもしれません。切ないけど推しさんが好きです。

 

 

③Seasons of love / ミュージカル『RENT』より

Seasons of Love

Seasons of Love

  • Rent
  • サウンドトラック
  • ¥250

 

 推しさんが変わっていく過程を見るというのは、感動します。

様々なことがあったのを垣間見てるうちに幕が上がり、森ノ宮ピロティホールで幕が降りました。彼が誇らしくこの曲の1つの音になっているのを目の当たりにして、号泣した初日が少し懐かしいです。

ブロードウェイの映像で見る何倍も熱と力を持ったミュージカルは、推しさんのファンとしてだけではなく、1観客として大好きな作品になりました。来日公演も素晴らしかった…

また、この曲を武道館で歌っていた姿はもう一生忘れられません。武道館で!客席に!手を振る!推しさん!!すごい!!!!

続投おめでとうございます!今年も12月1日は武道館ですかね!!アミュのおたく見習って推しさんのうちわ持って行ったら確実に引きますよね!!ドン引きしてる顔は怖すぎるのでやりません!ははは!

 この頃に踏み出した大きな一歩は、大きすぎる変化もたらしたように見えました。変化する姿は日々輝きを放っています。それが嬉しくて、RENTより前の彼は消えてしまったと感じるほどです。消えてなんかないのはわかってるのです。

 

推しさんはRENTの話をすると「人生変わります」botになります。笑

東宝初の続投おめでとう。今年も人生を変えましょう。真夏のクリスマスです。

 

525600この時を どう数える 一年を

 

私はここ何年も半券で数えているように思います。

これからもずっと尊敬できて、何よりも大好きな人の名前が

誇らしく印字してある半券で一年を数えていたいです。

 

 

④カタオモイ/Aimer

 

youtu.be

僕の思いはいつも君にカタオモイ

好きだよ わかってよ わかってよ

  

おたくなんて、永遠に片思いだと思います。

おたくである以上どんなに推しが好きでもおたくという枠から抜け出せない。

わかってよ、なのはレスが欲しいわけではなくて、「あなたの言葉や行動に過剰なぐらい一喜一憂してしまう愉快な人間のことを理解しなくもていいから、どっかで受け止めてて欲しい。」っていう願いです。

 

突然ですが、推しさんの笑顔は世界一だと思っています。

あんなに笑いジワ作ってにこーって笑う人なかなかいないんですよ。楽しいも優しいもかわいいも全部形容できる素敵な笑顔です。ファン的に自慢の笑顔です。私は推しさんが安心して笑ってる写真が大好きです。安心して笑ってるなぁと感じられる某兄さんとのイベントは最高に大好きです。いつもありがとうございます。

でも、当の推しさんは過去に「笑顔がキモい」と言われたことをかなり気にしてるらしく、未だに笑顔が苦手だと言います。キモいから、っていうんですふざけるな。

推しさんが自分の笑顔が嫌いという度に100回ぐらい笑顔が素敵!と言っていきたい所存。

 

darling 夢が叶ったの

お似合いの言葉が見つからないよ

 

推しさんのファンとして押し付けがましくも夢があります。それは、自分の理想の姿なので、もしかしたら御本人の目指す未来とはかけ離れてるのかもしれません。だから、お手紙にも書いたことはないです。でも、もし少しでも可能性があるなら叶えてほしい。どんな小さなカケラでも掴んでほしい、掴めるって信じさせてほしい。

叶ったらその夢の「現場」へ向かう電車の中で聴きたいなぁ。その時にお似合いの言葉は多分見つからない。

 

 

 

⑤命短し恋せよ乙女/MOSHIMO

 

youtu.be

ハートをキュンと掴むのがやたらと上手い人なんです

時々見せる真面目な顔 落ち着いた声で話すから…

 

そ れ な 。

結局どんなに気持ちがボロボロになってても、どんなに降りるって思ってても最後にはハートを掴まれてるんだからちょろい。真面目な顔も落ち着いた声も大好きです。

普段面白いキャラを貫いてる人がこういうことすると急に好感度爆上がりします。別に同じ会場の客のハートを掴んでるかどうかなんてどうでもいいのです。今日も私のツボを的確に押してくる推しさんは総じてはずるい。

 

命短し恋せよ乙女 君を懲らしめに行こう

恋は盲目のフィルターかかる 君の笑顔にお手上げ

 

 やっぱり『推しと恋には落ちるもの』って名言ですよね。カテコの笑顔にいつだってお手上げです。 心底晴れやかに笑ってるところが見れるなら私はどんな辺鄙な場所にだって行くのでしょう。それが盲目フィルターだったとしても、私が幸せな気持ちになれるならそれが今の正解なのです。

 

 

 

⑥CHANGE the WORLD/BiS

この曲がBiSの文脈の中に強い意味を持つ曲なのはわかってるのですが、推しさんが脚本演出をやった舞台(?)の曲になってしまいました。

youtu.be

 

絶対に誰かに届くって 信じてなきゃ何にも始まらないんだ

君がIt's funny!言ったって気にしない やってやるのさ

 

その現場の行き帰りどこかで必ず聴いてた。泣いたり笑ったり激しかったけど、精神安定になってました。

エンタメで世界を変えるがどこまで本気かわからないけれど、バカバカしい表現で客席にポジティブなものを手渡そうとしてるのは痛いぐらいに伝わってくる公演でした。「絶対に君を救うんだ」って信じられてる気がしてきてしまう。

でもあまり身体を張りすぎないでほしいな…君たち俳優さんでしょ…

同じ公演を観た友達はキュウソネコカミのハッピーポンコツがイメソンと申しておりました。差がひどい。

 

 

⑦明日も/SHISHAMO

youtu.be

月火水木金 働いた
ダメでも 毎日頑張るしかなくて
だけど金曜日が終われば大丈夫
週末は僕のヒーローに会いに行く

 

良いことばかりじゃないからさ
痛くて泣きたい時もある
そんな時にいつも
誰よりも早く立ち上がるヒーローに会いたくて 

 

CMで初めて聞いた時に「私のスタンスそのものじゃん…?」と思ってびっくりした。朝子ちゃんすごい。

推しは絶対的ヒーローです。舞台上で輝いている推しさんに会えるなら、平気な顔して無理も無茶もできる。それでまた頑張れる。推しさんにまた会うために辛くても頑張る。それが一番エンジンのように見えて、実は結構諸刃の剣なのかもしれないけど、でも、私はヒーローに会いたくて意味があるんだか無いんだかわからない今日をなんとか生きてる。生き延びてしまったって考えなくなったのは、推しさんがくれる未来に期待してるから。それは結構楽しいから。

 

最近推しさんが見せてくれた光景があまりにも美しすぎて、何度も通った劇場なのに、決していい席でもないのに、内容が泣けるものであるかどうかも覚えてないけれど、とにかく嬉しいのと幸せなのとぐちゃぐちゃでした。海を見ながら泣きました。推してて、頑張ってここまで来れてよかったなぁって久々に思いました。流行りの言葉でまとめると、

 

すきつの!すきあふ!!

 

 

半年ぐらいほっといたけど今もそんなに変わらない私の推しプレイリストでした。

ひっそりと。

千秋楽前日深夜の下書きは大体ボツ。

80日も書いてなかった…反応ありがとうございます!

トキイべ、また冬に行くことになりました。好きですわぁ。

 

 

twitterを覗いていると「ファンレター」に関する話が上がってたので書いてみます。

 ファンレターって出す割には話になりませんよね。何書いてるの?って聞きたくてもなかなか聞けない。から、書いてみよう。

 

▼下書き

 する。スマホでぽちぽちしたり、思い入れが強い舞台など気合入れて書きたい時はワード利用で作る時もあります。この時にある程度構成も決める。

 

 空けられれば1日置いて書き直すとちょっと冷静になれて推敲がしっかりすることに最近気が付きました。

 

▼宛名

 フルネームで○○様へ。中身は苗字+さん*1

  

▼書き出し

 こんにちは!で始まって、〇〇千秋楽お疲れ様でした・東京公演お疲れ様でした等

 本命さんは千秋楽後にお手紙をまとめて読む方らしいのでそれを意識すると「お疲れ様でした!」から始まることが多くなりがちです。

 

▼内容

公演の感想ばかりです。

 

全体を通じてどう感じました、関係ないかもしれないけれど元ネタがあるのでは?などなど気になったポイントとかも多いです。演技の良し悪しはさすがに分からないので、自分の心に引っかかったことを素直に書くようにしています。

たまには「悲痛で観ているのがつらかった」や「正直嫌なやつだと思った」などになってしまうのですが、結果的に「役として良い印象を受けた・それによって物語に入りこむことができた」という方向でまとめられるようにしています。数回観て印象が変わったりしたらそれも使います。この前まで本命さんが演っていた役は、途中でかなり印象が変わったのでここの話が多くなりました。

 

また、お手紙をお送りする役者さんに関連しているもので劇中に登場するアイテムや歌なども好きだ!と思えるものがある場合感想として入れます。アンケートに書けよって思われそうだなぁと不安になるのは特にこの辺ですね…

ちょっと分量足りないなぁと思う時はブログの内容などを引っ張ってきて書いたりします。あと、何か推しさん関連で自分にとっていいことがあった時は報告をしたりもします。ここは近況報告ですね。

 

▼締め

 次の出演作の話やイベントやその他諸々の予定の話で締めることが多いです。寒い日or暑い日が続きますが体調にはお気を付けてお過ごしください、などと書いて終わることも多いです。 差出人のところは預けさせていただいた日付とフルネームを書きます。住所、昔は書いていましたが、まぁいいやって思うようになりました。

 

昔は劇場でヘタれてスタッフさんに預けられず、どこかで宛先を足し、80円切手を近所のコンビニで買い、帰り道のポストに出すという謎行動をしてしまう日もよくありました。今考えると意味が分かりません。近年も持って帰る日はありますが、ここまではしなくなりました。

 

 

▼頻度

 言いたいことがあってもまとめられそうな時は行ける日で千秋楽に近い日1回絞りました。イベントならすぐ読んでもらえるかなぁと思って書いていきます。

 

 

▼量

 便箋2枚程度。時々3枚。多すぎないようにまとめます。

 

 

▼種類

 レターセットでたくさん入っているもの、シンプルで使いやすそうなものを選びます。推しさん1人に対して1つのレターセットを使い続けがちです。

季節感が出過ぎないもので多めでファンシーすぎないものって選びにくいですね…最近ロフトやハンズでもレターセットの取り扱いが減った気がします…さみしい。

 

 

・・・

ファンレターを出せる人って本当に限られます。好きな役や好きな話になればなるほど書くの難しいな〜と思っている次第です。

*1:デフォの呼び方

南関東民の若手俳優応援スタンス。

 

はてなブログで若手俳優についてのこと、若手俳優のヲタクのことを読むのが最近とても楽しいです。同時にtwitterの短文に慣れてしまっている己の語彙力の低下を感じました。長い文章書くのも読むのも苦手になってきている気がしてならない。

ちゃんとブログを書いて、文章を組み立てる練習をしよう。と思います。

 

最初はなっがい自己紹介のつもりスタンスの話。

続きを読む